WEB予約はこちらから ※当院は完全予約制です

tel.0422-27-6120

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-3 吉祥寺医療ビル2階

漢方とは

漢方

漢方の祖先は中国です。

中国で何千年もかけて発達した医学が、飛鳥時代~奈良時代には遣隋使や遣唐使、さらには来日した僧らによってわが国へ伝来しました。

それが平安時代頃には日本独自の発展を見せるようになりました。
遣唐使も廃止され、医学以外でも国風文化が盛んになります。

江戸時代には、現在行われているような漢方診療のスタイルができ上がりました。

やがて幕末が近づくにつれ、西洋医学が導入されます。
西洋医学を「蘭方(オランダ医学)」と呼んだのに対し、いままでわが国にあった医学にはとくに名前がなかったことから、こちらを「漢方(日本の医学)」と呼ぶようになったそうです。

つまり、定義上は、「漢方とは日本の伝統医学のこと」なのです。

明治維新で、開業医になるには国家試験を受けなければならないという法律ができました。
この国家試験の試験科目には漢方がありませんでした。
内科、外科などのほか、物理学などはあったのです。
これでは、漢方を勉強するのは一部の勉強熱心な人だけになってしまいます。
漢方は壊滅的な打撃を受け、西洋医学が全盛となります。
昭和に至るまで、漢方はきわめてマイナーな医学になっていました。

1976年に、漢方薬にも健康保険が適用されるようになりました。
このころから、病院や診療所でも、普通に漢方薬が目に触れるようになります。
また2000年前後あたりから医学部の講義科目にも導入されはじめます。
2008年には、「漢方内科」「漢方産婦人科」のような限定的な形で、医師が漢方を標ぼうすることができるようになります。
また「●●●学会認定●●●専門医」をもっている医師は、「●●●科の専門医である」と看板に書いてもよいことになりました。「日本東洋医学会認定漢方専門医」も看板に書けるようになったわけです。