WEB予約はこちらから ※当院は完全予約制です

tel.0422-27-6120

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-3 吉祥寺医療ビル2階

アレルギー・免疫と漢方

免疫の異常で起こる病気がある

免疫とは私たちの体をウイルスや細菌などの病原体から守ってくれるシステムです。
免疫は、「自分ではない」ものを認識して排除するのですが、身の回りにある食物や植物などに対しては「寛容」でした。「自分ではない」けれども自分に必要なものですから、排除していては生きていけないからでしょう。

ところが、全国にスギが植えられ、この花粉が飛散するようになると、これに慣れていなかった多くの人が、スギ花粉を吸い込むことで鼻に炎症を起こすようになりました。これが花粉症(アレルギー性鼻炎の一種)です。辛い症状はいずれも「自分ではない」スギ花粉を排除する免疫系がちゃんと働いた結果なのです。

膠原病とは

免疫は、本来は自分の身体にも対して寛容であるはずです。
ところが、免疫が遺伝的異常やウイルスの感染など様々な原因でエラーを起こすと、免疫は自分の身体の一部をも「自分ではない」と誤認して攻撃し始めることがあります。こうして起こる病気を自己免疫疾患と呼びます。

自己免疫疾患では全身のあらゆる器官が攻撃対象となり、破壊されます。一部の糖尿病は膵臓が、バセドウ病橋本病は甲状腺が、シェーグレン症候群では唾液腺が、それぞれ自己免疫の攻撃対象です。

自己免疫疾患の中で、とくに皮膚、関節、血管などに炎症が起こるものを古くから「膠原病」と総称します。
膠原病には、関節リウマチ、種々の血管炎症候群全身性エリテマトーデス強皮症多発性筋炎(皮膚筋炎)混合性結合組織病などがあり、類縁疾患として、ベーチェット病成人スティル病リウマチ性多発筋痛症再発性多発軟骨炎などがあります。
一人の人にこれらの病気の二つ以上が重なって起こる「重複症候群」もしばしば見られます。

膠原病の診断

それぞれの膠原病について、診断基準が設けられていますが、ある膠原病を確定診断できるような方法はありません。いくつかの症状、検査結果を合わせて総合的に診断するのが普通です。

症状では、原因不明の発熱が最も多いものです。喉の痛みや咳、悪寒などの感染症を疑うような症状がなく、熱が3週間以上持続する場合です。
このほか、原因不明の体重減少、疲労感、全身のだるさ、関節や筋肉の痛みなどもよく見られます。痒みのない発疹もよく見られます。
このほか、寒いところで手の指の色が突然白くなるレイノー現象もよくみられます。

検査では、自己の身体の一部に結合して攻撃する「自己抗体」が検出されることが大きな特徴です。
例えば、関節リウマチでは、関節の滑膜と呼ばれる部分に対する抗体(抗CCP抗体)や、全身性エリテマトーデスではDNAに対する抗体(抗二本鎖DNA抗体)が、それぞれ血液中に検出されるのが特徴で、このような自己抗体が各膠原病の診断に大いに役立っています。

膠原病治療における漢方の役割

膠原病では全般に血管が冒され、肺や腎に障害を起こして命に関わることもありますので、積極的に治療しなければなりません。
理想的な治療は、自己抗体を作らないようにさせることですが、現時点では発展途上にあります。多くの場合、副腎皮質ステロイドをはじめとした免疫抑制剤で自己免疫の働きを鈍らせることが行われています。免疫を抑えると、今度は細菌やウイルスが侵入しやすくなりますので、感染症を起こしやすくなります。その他にも、種々の副作用がよくみられます。
最近では、炎症という一連のプロセスに参加する蛋白質に結合することで、この働きを止める抗体(生物製剤)が製造されており、注射薬として用いられています。ただし、やはり相当の副作用があり、すべての患者さんに用いることができるわけでもなく、しかも非常に高価です。
このような、現代治療による副作用を軽減するのが漢方の役割だと思います。現代の治療は嫌だから漢方だけで行きたい、という方もおられますし、お気持ちはわかりますが、漢方が現代治療の“肩代わり”をできるとは私には思えません。以前はそういうことも多々あったようですが、これだけ治療薬が開発されてきている以上、みすみす治療の手段を放棄するのはもったいないことです。漢方はあくまで現代治療のサポートに徹するものだと思っております。

よく用いられる漢方薬

膠原病の漢方治療はこれだ、というものは特にありません。個々の患者さんの困っている症状、副作用にあわせ、体質を考慮し、選んでいきます。