WEB予約はこちらから ※当院は完全予約制です

tel.0422-27-6120

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-3 吉祥寺医療ビル2階

クリニック紹介

1.漢方治療の対象となる方

漢方内科という特性上、下にあげるような内科の慢性疾患を中心に対応しますが(*精神科、小児科は除きます)、いずれも「現代医学的に検査や治療が済んでいるかた」を想定しています。
漢方をサポートとして使うことをお勧めします。

対象となる主な疾患
気管支喘息・COPDのサポート/各種がん治療のサポート/各種の膠原病のサポート/生活習慣病(高脂血症、糖尿病、高血圧など)のサポート/慢性消化器疾患(慢性膵炎、慢性肝炎、慢性胃炎など)のサポートetc.

緊急検査・大がかりな検査などはできません(※血液検査は可能です)。
皮膚、婦人科的な症状、なども診療しておりますが、専門ではありません。より専門的な現代医学の知識を弁えた漢方治療が必要と判断された場合、各科を専門とする漢方医をご紹介し、そちらでの診療をお勧めすることがあります。

2.当院でできる漢方治療

漢方エキス製剤・煎じ薬による漢方治療を健康保険適用で行います。

保険診療のメリット

保険のきかない漢方専門薬局に行かれればおわかりでしょうが、そもそも漢方薬は高価なものです。
日本では、健康保険が効くものが比較的多いので、保険診療も可能になっています。

保険診療のデメリット

保険診療が認められている分、当然ながら制限もあります。

  • 使用できる薬の種類に制限があります。
  • いちどに処方できる薬の種類に制限があります。
  • 薬の処方日数に制限があります。
  • 保険外の薬を混ぜて処方することはできません。その場合は健康保険を使わない自費診療となります。

※以下は行っておりません

  • 鍼灸
  • 心理カウンセリング、もしくはこれに類するもの
  • 美容目的の処方

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンをご希望の場合は、「お問い合わせ」からご連絡ください。健康保険外です。

予防目的の処方

健康保険外です。
ご希望の場合は、「お問い合わせ」からご連絡ください。

当院での漢方治療が効かない場合

経験上、1、2割のかたには、漢方治療が効かない、または効きにくい場合があります。
あるいは当方の技量の限界によるものかもしれません。
もちろんベストは尽くしますが、私も人間ですから得手不得手はあります。
また、受診者と医師は人間同士ですから、合う合わない、「相性」の問題もあるかと思います。

5~6回通院されても症状が改善しない場合は、ほかの漢方専門医の受診をお勧めします。

クリニックギャラリー

受付

受付

待合スペース

待合スペース

著書

著書

診察室

診察室

※画像をスライドしてご覧下さい。